TOP » サッカー協会と野球連盟

2大人気スポーツ サッカー協会と野球連盟

日本を代表するスポーツとして、人気トップ2はサッカーと野球です。歴史としては野球が古く、サッカーは日本では新しい部類になり、そもそもプロが出来てまだ30年もたっていません。そんな両スポーツを陰で支えているのが日本野球連盟とサッカー協会です。

プロ野球は、平成に入り、数年前まではおじさんのスポーツとして認知されていました。これは常にJリーグと比較されるようになったからです。長髪で細身のイケメンが多いJリーグに比べるとプロ野球は確かに昔ながらのスポーツで、お父さんが晩酌をしながら見るものというイメージが大きい時代がありました。しかし近年では日本野球連盟の影ながらの努力とマスコミ、メディアへの露出方法を変え、選手一人一人もファンサービスに対する意識が芽生えたことが発端として、地方を中心に人気を取り戻しています。カープ女子や、東北といえば楽天、九州といえばソフトバンク、など地域に根差したチーム作りを念頭に置いたことで成功していると言えます。

またJリーグでは、そもそもが地方の名前をチーム名に入れることが多く、その人気を野球にとってかわり不動のものにしようとしていましたが、近年では海外への選手の流出が多くみられ、それが良しとされる風潮があります。そのため、日本代表にはいるメンバーも海外の選手が多く国内の人気低迷が激化しだしています。プロ野球のように人気を回復することが出来るのかどうか、サッカー協会の力を見せてくれることを期待しています。

砂場でサッカー