TOP » 日本の野球の歴史

日本の野球の歴史

バッター

日本で大変人気のあるスポーツのひとつである野球は、1872年(明治5年)に日本に伝わりました。アメリカ人教師のホーレス・ウィルソンが東京の開成学校(現在の東京大学)で生徒に指導したのが始まりとされます。日本で初めて本格的なベースボールチームができたのは、1878年(明治11年)のことです。留学していたアメリカから帰国して工部省の技師となった平岡熈が「新橋アスレチック倶楽部」を結成します。初めてユニフォームを着て試合をしたチームでもあります。その後、1896年(明治29年)に行われた試合で第一高等学校が横浜外国人チームに勝利した結果、全国的な人気の高まりが決定的になりました。早慶戦も1903年(明治36年)に始まります。

甲子園大会の歴史は、夏の甲子園大会が1915年(大正4年)に全国中等学校優勝野球大会として、春の甲子園大会が1924年(大正13年)に全国選抜中等学校野球大会として始まりました。1927年(昭和2年)には夏の甲子園大会がラジオで初めて実況されます。

職業としては、1936年(昭和11年)に東京巨人や大阪タイガースなどの7球団で日本職業野球連盟が設立されます。その後、1944年(昭和19年)に戦争の激化により一時休止され、再開は1946年(昭和21年)まで待たなければなりませんでした。