TOP » 日本の野球のレベル

日本の野球のレベルはまだまだ低い

日本の野球の実力は、昔と比べると格段に上がっているのは疑いのないところでしょう。日米の試合を見てもそれは明らかで、以前は格の違いを見せつけられていましたが近年では好試合を繰り広げられるまでになりました。しかし実際のところ、メジャーリーグと比べるとかなりレベルの差があるのは否めません。

ある球団に籍を置いている外国人選手は、日本のプロ野球のレベルを4Aと言っています。さすがにこれは言い過ぎですが、多くの人の意見をまとめると日本のレベルはメジャーと3Aの中間ぐらいという意見が多いです。来日して通用している外国人選手は2Aぐらいで、メジャーと3Aの中間クラスの外国人選手がNPBの打撃タイトルを独占しているのが現状です。日本のプロ野球に入団する外国人選手の多くは、メジャーと3Aの中間クラスなので当然と言えば当然でしょう。

日本の野球のレベルはメジャーリーグと比べるとまだまだですが、投手に関してはエース級ならメジャーでも十分に通用します。外国人投手が来日してアメリカに帰国後メジャーでレギュラーになった例は少なくないので、投手に関しては差が小さいと言えます。事実MLBオールスターチームの監督や選手たちは、投手の実力が高いのは認めていて、野手も思った以上に良いと高く評価しているようです。しかしながら野手の場合、MLBでプレーするとなると投手と比べてかなり高い条件が求められ、それだけまだまだ差があることを示唆しています。