TOP » サッカー 海外で活躍する条件

日本人選手が海外で活躍するための必要最低条件 フィジカル・メンタル・言葉

バッターボックス

日本人のサッカー選手が海外でも通用するようになるためには激しい当たりに耐えられるフィジカル、苦しい状況でもあきらめないメンタル、そして世界各国から集まる名選手たちともコミュニケーションを取るための言葉が必要です。

海外サッカーで重要になるのは強靭なフィジカルです。海外選手は日本人選手のように協調性があるわけではなく我が強い選手が多いです。
海外サッカーの選手への評価は結果が全てであり結果なしにはプロのサッカー選手として生きていくことが出来ないのです。特にゴール前では映像ではわからないほど強いフィジカルコンタクトが行われています。海外で活躍するためにはこういったフィジカルの強い選手の中でも当たり負けしない強いフィジカルが必要なのです。

また、海外サッカーは熱狂的なサポーターによって支えられている部分もあり彼らの力は侮れません。
もしも、ミスが重なるとホームサポーターであろうともバッシングの嵐が起きてしまいます。世界のトップ選手も人間でありミスは必ずします。好調・不調の波もあるでしょう。ミスが続いてしまった時にもメディアやホームサポーターからのバッシングに耐え続け、彼らが喜ぶようなパフォーマンスを披露しなければなりません。
バッシングやブーイング等でメンタル面が落ち込み、自分のパフォーマンスに支障が出るようでは海外では通用しません。

海外サッカーの醍醐味の1つとして世界を代表するトップ選手たちが集まるという点があります。国籍も文化も異なる中で一緒にプレーをしていかなければなりません。試合中は勿論のこと、練習中からプライベートまで互いにコミュニケーションが取れていないとチームプレーが成り立ちません。
コミュニケーションのツールとして言葉を覚えるのは海外で活躍するためには必須です。言葉が出来ない為にチームで孤立してしまうとどんなにスキルが優れていようとも思うような結果は出せないのです。