TOP » 日本サッカー代表 進化

日本サッカー代表は進化し続けている

サッカーボール

日本で人気のスポーツとして代表的なものにサッカーと野球がありますが、現在子供などの若い世代を中心に、サッカーの競技人口か増えてきています。サッカーが人気となったのは、日本が初めてワールドカップに出場したことをきっかけとして、当時社会現象を巻き起こすほどとなりました。

1998年にフランスで行われたワールドカップに初出場を決めた日本代表は、すんなりと初出場できたわけではありません。アジア最終予選で、イランとプレイオフで最後の出場枠をかけ戦って、激闘の末初出場を勝ち取ったのです。これはのちに、ジョホールバルの歓喜と呼ばれました。それ以降日本代表は、ワールドカップに出場をし続けています。2018年のロシアワールドカップに連続出場を決めた日本代表は、初出場から6大会連続出場となり、これはワールドカップ史上2位タイの記録となっています。

このように、ワールドカップに連続出場を決めていますが、結果はあまり良いものを残せているとは言えません。しかし、十代の優秀な若手選手が次々を実力をつけて育っています。このまま世代交代がうまく進んでいけば、今後のワールドカップの成績が良くなっていくだろうと期待されています。